Hey!Say!JUMP(特に涼介)がダイスキな龍ちゃん世代のrinのブログ!
たくさんの人と仲良くなりたいです!
   SKIN DESIGN by AYANYAN
MATERIAL by SweetTime
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ジャニーズブログランキング
ジャニーズブログランキング 一日一回押してくれたら嬉しい!!!ですねえええ。。。 押すな!!!って言ったら押してくれます?(笑) 押してくれたら嬉しい!!!!
ブログチャーム
苺時計
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
妄想

あ、昨日のMステ!!!
赤いリボンを小指につけてたrinです


いやああ。。。つけててよかったなああ。。。と思いましたねえ。。。

歌詞に刺激的赤いリボン しびれちゃうってあったので
赤いリボンは必需品だと(笑)

急いで赤いリボン探し!!!
あったああ。。。と見つけてTVの前へええ。。。

どこにつけよおおお・・・。
rinは指が太いので小指でいっか。。。と思って小指へ

そんなことがありました(笑)
はい!!どうでもいい話をしました!!!


まあ、そんな感じで始めていきましょうww

そのあとは、いろいろ買い物して帰る時間になった。。。
「晴!!!二人っきりでプレゼント渡したいからこっち来て??」
と涼介くんが言うから気を利かせて3人はどこかへ行ってしまった。。。

「うん。。。」

二人っきりになり急に涼介君が
「俺ね、晴が好き。。。まあ、分かってたと思うけどさあ!!
俺、こんなんだし。。。ちっちゃいし。。。

晴のこと全然守れねえかもしれない!!
だけど、守りたい。。。
愛してる。。。

何このクサイせりふ!!とか思うかもしれないけど(笑)

これ俺の気持ちなんだ。。。

晴。。。付き合ってほしい。。。」

「でも、あたし。。。」

「俺のこと好きじゃなくていいよ。。。

辛かったら俺に頼って?

悲しかったら俺の胸の中で泣いて??

いつか俺のこと好きになれたら
付き合う。。。

今は友だち以上恋人未満みたいな感じ。。。

だめ??」

「……。それなら。。。いいよ。。。」

「まじ!!??めっちゃ嬉しいんだけどおおお!!!
晴、めっちゃ好き!!!!」

こんなあたしで涼介くんがいいって言うなら、こんなあたしの気持ちを受け入れて耐えてくれるなら。。。

涼介くんに恋してみたい。。。
風磨を忘れる。。。


「はい、これ!!!晴へのプレゼント!!!」
小さな箱。。。

「これ、知念くんのと似てるね。」

「うん。。。知念とかぶっちゃった。。。」

「え。。。じゃあ、リング??」

「……手、かして??」

「あ、うん。。。」
そして右手を出すと

「ああ、もうそっちじゃなくて!!!できればあ。。。左手を・・・///」

「あ、うん///」

左手の薬指にリングがはめられてゆく。。。
その時。。。

「いやッ!!!!やめて!!!」
どうして…??

「薬指になんて、はめないで!!」
どうして…!!!??

風磨の顔を頭のなかを巡り
楽しかった思い出が鮮明に駆け巡る。。。

風磨と結婚したかった。。。
風磨とならどんなことも乗り越えられる。。。

そう思ってた。。。

あんな言い方されても風磨を忘れられない。。。

「ごめん。。。調子に乗りすぎた!!!俺最低ぇぇ。。。

まじ、ごめん。。。
ちょっとひとりにさせて…?」

あたし…最低。。。こんな悲しい顔させて風磨のことも忘れられないのに。。。

涼介くんの告白OKして。。。

あんな最低な男、忘れられたらいいのに!!!
こんなつらいなら風磨のことなんて。。。

だけど!!!!
あたしの記憶から風磨は消えなかった。。。

涼介くん。。。本当にごめんなさい。。。




妄想終わり!!!
読んでくれてありがとうございました
| 妄想 | 19:48 | comments(7) | trackbacks(0) |
妄想
何これ!!シリーズ化??

もう、本にできちゃうんじゃね??
自社出版??(笑) 

と日々思ってるrinなんですが(笑)

昨日のワ―ズでテンション上がって。。。
あの後すぐにお風呂入りました!!!

いや、別に深い意味はないからねッ!!!

あんなワ―ズの後だったから。。。
ちょっと妄想しちゃってたけど!!(笑)

とっても、ヲ友に感謝だよね!!!

ありがとおおお>詩愛ww


今日もテストでしたが。。。けっこう、昨日と今日でテストの学校多いよね!!!
逆にテスト少ない学校もあるみたいでええ。。。
うらやましい!!!

で、今日のテストは??


もちろん(笑)撃沈ww社会終わった後
なんか俺バカだなああって思って笑ったわww
意味分かりませんねッ!!!

明日はテスト返ってきます!!!
英語と理科だっけ??

まあねえ、社会が一生返ってこなかったらめっちゃ嬉しいなあと心の中で叫んじゃってる。。。

そんな感じで始めましょうか!!!

泣きやんだあたしを見てお兄ちゃんは安心したように笑顔を見せた。。。

ちょうどお兄ちゃんにメールが届き、
3人がいる場所まで走った。

「あ、来た!!!晴ちゃんへのプレゼント!!!はい、どうぞww」
と知念くんが渡してきたのは小さな箱。。。

「ありがとう!!!これ何??」

「開ける??じゃあ、僕が開ける!!!貸して??」

「え。。。あ、うん。。。」

パカッ。。。
「手かして??」

差し出した右手の薬指に、はめられてゆく。。。

綺麗なリング。。。ピンクの宝石がついていて。。。
ほんとにキラキラ。。。

「晴ちゃんが左手だしてくれたら結婚しようって言ったのになああ!!」
と知念くんは笑顔で言っている。

ちょっと恥ずかしかったな///
初めてそんなこと言われた。。。

その時はもう、風磨に会ったことなんて忘れてた。

「僕のもいる??」なんて小悪魔的な顔をあたしに聞いてくる龍太郎くん。。。

「くれないのおお??」

「あ、あげるよ///」
照れてる龍太郎くんも可愛い。。。
龍太郎くんは、クマのぬいぐるみをくれた。。。

「可愛い。。。ありがとう!!!」

「べ、別に///晴ちゃんだけ特別なんだから///」

「龍太郎が照れてる…??」
と涼介くんが言うと

「はッ??照れてねえし!!!やめてよねッ!!」

「あ、いつもの龍太郎だ。。。」

「で、山ちゃんは??プレゼント!!!」

「俺、後で渡すわ!!!それまでは秘密ね。。。」

「あ、うん。。。待ってる!!!」




| 妄想 | 18:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
妄想
ああ、今日ねええ、疲れた 

ちょっとねえ、テストってあんなに難しかったっけ(笑)
そおそお、今日はテストでしたねえええ。。。

他の学校はテストだった学校あったんですかね??

理科、国語、数学でしたあああ。。。

なんだよおおお!!!
難しいねええ。。。

数学なんて意味分かんないこと言うし。。。
これ、平均70点いくテストやけんなああとか!!!

何言ってんのおおお??
もお、ちょっとこっちの気持ちを考えようかああ。。。と思いながらテストやってましたね!!
明日は英語、社会ですよ。。。


さてさて、妄想いいますかああ!!!

〜風磨side〜
俺は晴と付き合った時から夢が2つになった。

「晴と結婚する夢」「ジャニーズに入って嵐とコンサートに出る夢」

どっちも憧れだった。。。

晴と付き合ってから嵐への憧れがどんどん強くなった。

どちらの夢も叶えたい。。。
だけど、いつかどちらかに気持ちがいってしまう。。。

幼かった俺は、晴と結婚できるのはずっと先だったから
ジャニーズに入ることにした。

晴のことはとても好きだったし、裏切りたい気持ちなんてなくて。。。

ジャニーズに入って嵐とコンサートに出れたら
そこまで晴が誰とも付き合わないでいてくれたら

プロポーズをする…

って俺、思ったんだ。。。
でも、その気持ちが揺るがないように

俺思ってもなかった言葉
晴に言ってしまったよね??

中島くんに殴られて俺何してんだって。。。

俺まじバカだからそれから晴に会う勇気もなくて。。。
中島くんにも会う勇気なくて。。。

自分を優先してたよね……。
晴の気持ちなんて考えてなくて。。。

今でも晴が大好きなのに。。。

もう、結婚する夢は叶わないのかな。。。

〜晴side〜
あれから、お兄ちゃんはずっと悲しそうな顔をして
あたしを慰めてくれた。。。

「ごめんな。。。風磨殴っちゃって。。。」
そんな事言わないで。。。

そんな顔しないで。。。

だから、あたし風磨のことは忘れることにした。
お兄ちゃんが傷つくことは、おかしいもん。。。

でも、風磨に会ってしまった。。。
「晴・・・??裕翔…??」
と涼介くんが言ったのもあたしには聞こえなかった。。。

「大丈夫!!!!ほら、知念と龍太郎が待ってるんでしょ??早くいこ!!!」
お兄ちゃんはやっぱり悲しい顔をした。。。

走って〇〇駅まで行くと
知念くんと龍ちゃんは来ていた。。。

「あ、やっと来たし!!!涼介、ユーティ、晴ちゃんどこ行ってたのおおお??」
と知念くんが言った。

「ちょっとね、まあ。じゃあ、行こうか!!!」

「うん!!!涼介!!!腕組んでいい??」

「はッ!!??意味わかんねええ。。。みんなに誤解されたら困るし!!!」

「山ちゃん、組んでやれよおおお!!!なんなら、僕と組む??(笑)」

「それだったら、知念と組むわ!!だって、龍太郎と組むんでしょ!!??ああ、勘弁してよおお。。。」

「僕も嫌だし!!!」
なんて会話してるけど、とても笑えない。。。

「今日は、晴も誕プレ買わなきゃね!!」

「今日だったっけ??昨日涼介から聞いた!!」

「裕翔はもう買ったよね??だから、3人で買いにいって後で渡そっか!!」

「そうしよう!!じゃあ、2つに分かれよ!!後でユーティにメールするね!!!」

「うん、分かったああ!!じゃあ、またあとで!!」
と2つに分かれた。。。

「晴。。。大丈夫か??」

あたしは首を横に振った。。。
「そっか。。。やっぱり、忘れられないの??」

「分かんない。。。忘れたはずなのに!!!!なんで涙がでるの。。。」

あたしは、大粒の涙を流した。。。


ああああ!!!!疲れた!!!まだまだ続くのかな??
やばい!!!ちぃが可愛いww

なんて言ってみたり??(笑)

涼介とちぃが腕組んでも許せちゃうよね!!!

続きコメ返
続きを読む >>
| 妄想 | 17:49 | comments(10) | trackbacks(0) |
妄想
はいはい!!!

続き気になる??
さてあれは誰だったんだろうか。。。


じゃ、みてください!!!


「ん…??晴どうした??」 

「ふ…、う…、ま…。」

「……ッ!!!いたのか!!今!!」

あたしは静かにうなずいた。。。

「くそッ!!!最近会ってねええからアイツに何も言えてなかったけど。。。一発殴りてええ。。。」

「何……??風磨がどうしたの・・・?」

・・・・あたしの記憶は2年前に戻った。

「晴!!!早く!!!」
って言ったのは風磨。。。
あたしと風磨は幼馴染。。。
いつも二人で遊ぶ仲で周りからは「付き合ってんの??」と言われるほどだった。

「風磨!!!待ってよおお。。。」

「あ。。。ごめん!!!ただこの景色、晴だけに見せたくて。。。」

目の前に広がったのは、綺麗な海だった。。。
真っ白い砂浜。。。キラキラ光った海。。。
何もかもが新鮮だった。。。

「どう??綺麗でしょ??」

「うん。。。でも、どうしてここに??」

そう言うと風磨は照れてこっちを見た。。。

「晴は鈍感なんだよ。。。いい加減気づけよおおお。。。

俺……、晴が好きだから///付き合って……??///」

「……、はい……///」

初めてできた彼氏。。。ほんとに嬉しかった。。。

それから、1年楽しい日々が続いた。とっても、風磨が大好きでいつも一緒にいたかった。。。
風磨はあたしに何も言わず、東京に行ってしまった。。。
風磨のお母さんから

「風磨、東京で1人暮らしするって。。。ジャニーズに入ったから。。。

あれ??晴ちゃんに言ってなかったのかしら。。。」

聞いてない!!聞いてない!!何も言わず東京・・・!!??
それから数日後あたしは東京に1人で行った。。。
もうその時にはお兄ちゃんは東京で1人暮らししてたからそこで住めば風磨に逢える。。。

そんな安易な気持ちで東京にやってきた。。。
「お兄ちゃん!!!」
「おお!!まじで来たんだああ。。。てか、何しに来たの??」

「あ。。。ちょっとね。。。お兄ちゃん元気かなああ??って。。。東京見学とかジャニーズのみんなに逢いたいし??」

「ああ、そうなの??いいよ!!行こうか。。。」

ほんとのことなんて言えない。。。風磨を探しに来たなんて行ったらお兄ちゃん風磨のこと怒るでしょ??

「ここが事務所だよ。。。ここJr.の楽屋!!!」

入ってすぐ見つけた。。。風磨。。。

「この子、俺の妹!!!仲良くしてやって!!!」

その時お兄ちゃんは、事務所の人に呼ばれて行ってしまった。。。

風磨は驚いた顔をしている。。。

「風磨。。。」

「ちょっと、来い!!!」
風磨があたしの腕をつかんだ。どこかに連れて行かれた。。。

「ちょ…風磨!!??」

「何しにきてんだ!!!」
風磨、怒ってる??でも、悲しい顔してるよ・・・。

「風磨を探しに来たんだよ!!!!」

「俺は、ジャニーズに入りたくて東京来て1人暮らししてんだよ!!!
晴に言わずに来たのは悪いと思ってる。。。

だけど、もう俺はこの生活が幸せだし
それに。。。それに。。。おれ彼女できたんだよねww

晴より大人っぽくて。。。
晴より泣き虫じゃなくて、俺のこと分かってくれるの!!!

だから、晴はいらないの!!!俺にかまうなよ!!!」

「てめええ!!!何言ってんだ!!!」

バンッ!!!

「お兄ちゃん…!!!」

お兄ちゃんが風磨を殴った。。。

「いってええ。。。何するんすか!!!」

「晴!!!行くぞ!!!」

「うん。。。」

風磨、あたしが聞いた言葉は、ほんとだったの??

もし、ほんとだったら
素直に喜べたらよかったのかな。。。

風磨のこと分かんないよおおお。。。

===続きコメ返===

続きを読む >>
| 妄想 | 13:18 | comments(18) | trackbacks(0) |
妄想の続き
そして、日曜日!!!

「お兄ちゃん!!早く〜〜〜!!」 
「ちょ、待って!!靴ひも結べてないからああ。。。」

お兄ちゃん、いつも準備が遅くて困っちゃう。。。
鏡の前で何分も髪の毛とか服とかポーズとって決めちゃったり。。。

「晴!!!待ってって。。。」もお、すでに涙目だしさああ。。。

「ダメだってば!!涼介くんたち待たせらんないでしょ??」

「はああ、靴ひもーーーー!!!」
おバカなお兄ちゃんなんだから。。。

で、〇〇駅に9時30分に着いた!!
早めに来たのはあっちのビルでお兄ちゃんにプレゼント買ってもらうから!!!

「待ってね、着いたんだからさ、靴ひも・・・。」

「分かったから、早く結んでよねええ。。。」

「結んだよ!!!行こうかあああ!!!」

急に早足で。。。あっちのビルに。。。
「待ってえええ。。。」

さっきと立場逆だし。。。

「ほんと裕翔は晴の気持ちが分かってないんだからああ。。。」

「え…??あ、涼介くん…??」

「あ、サングラスと帽子してたから一瞬迷った??そう、涼介!!早めに来たらこれだもんなああ。。。」

「お兄ちゃん、どこ行ったんだろ??」

「はああ。。。二人で探そっか!!」

「うん!!!!!」

〜裕翔を探し中〜

ドン!!ドン!!ジャーーン!!ツッツッツ、ンドン!!

え・・・??ドラムの音・・・??

「「まさか??」」

二人は顔を見合わせた。。。
急いで行ってみるとそこには人だかり。。。

「すみません!!すみません!!」
人と人の間をくぐり

「お兄ちゃん!!!!!」

ドラムの音が止まりお兄ちゃんがこっちを見る。。。

「ごめん!!このドラムめっちゃイイ音でさああ。。。晴探そうと思ってたけどおお。。。ちょっとねww」

はあ、呆れた。。。お兄ちゃんほんとおバカあああ!!!

「悪い、悪い。。。うそうそ、先にプレゼント買って驚かそうって思ってさ。。。買って探そうと思ったらドラムが。。。」

「・・・。」

「はい、プレゼント!!!」


小さな箱を渡されて開けたらハートのネックレスが入っていた。。。

「綺麗。。。」
思わず、言葉がこぼれる。。。

「じゃ、じゃあ、裕翔も見つかったことだし駅戻ろおおお!!!」

「あれ??山ちゃん来てたんだああ。。。」

「うわ、ひでーーー。。。」

早足で駅に向かう。。。
その途中すれ違った姿に見覚えがあった。。。

「え・・・。。。」
あれは、あたしの人生を180度変えた人。。。

あたしを捨てて逃げた人。。。
逢いたくなかった。。。

でも、逢いたかった。。。

見たくなかった。。。

でも、見たかった。。。

最低な人。。。でも、とっても大切な人だった。。。


忘れられない。。。あの日々。。。

はい、妄想△しまい!!!

続きコメ返
続きを読む >>
| 妄想 | 20:34 | comments(8) | trackbacks(0) |
妄想だけ更新させてえええ(笑)

ちょっと戻ってきたああ。。。(笑)


なんか、妄想してて、ああ、ブログに載せたいって思ったわけ!!!

妄想好きな方!!!っているよねええ??

とっても楽しいしww

だから妄想やっちゃいます

よかったら観てねッ!!もおおキュン死しちゃうよおおお(笑)


設定はコンサート会場で。。。

あたしは今Hey!Say!JUMPのコンサートに来ました!!
なんと東京ドーム!!広ーーーいww

コンサートが始まるまでヲ友とおしゃべり。。。
始まったら口を大きく開けて涼介たちを見てたの!!

キラキラエンジェルsmileでこっちを観てくれて。。。
感動してコンサートが終わってもおお、足腰がやばくて立てなくて。。。

ヲ友が人の波に押されて先に会場出ちゃってはぐれちゃうの。。。

どおしよう!!??とか思ってると
「大丈夫??」という聞き覚えのある声が。。。

「え??」と振り向くと……。
そこには、JUMP全員の姿が。。。

「立てないの??手かしてみ??」って涼介が言うから素直に手を差し出す。
フワッって起こしてくれて、でも、またバランス崩して倒れちゃうの。。。

「しょうがないな。。。」って薮さまがお姫様だっこ!!!!

「重くない・・・??」と聞くと

くしゃって笑顔を見せて
「全然平気ww」なんて言うから

「あ・・・///」って照れちゃうの。。。

「可愛いww」と知念くん。
「お名前は??」と伊野ちゃんww

「桜木 晴です・・・。」←さくらぎ はると読みます。rinの本名ではありません!!

「じゃあ、晴ちゃん??」と涼介が。。。
「はい??」

「これ俺のメアド。。。お家帰ったらメールください。。。」って小声で言ってるの。。。紙を渡されて!!
「・・・・・・・。」

「だめ…??」うるうるな目で聞いてくる!!!

「わ、分かりました。。。」

「やったああああ!!!」超嬉しそうに言うから笑っちゃった。。。

「あのおさ、俺がお姫様だっこしてんだからさ、あんまりいちゃいちゃされると俺いいとこなしじゃん。。。」って拗ねてる。。。

「薮さま。。。ありがとおお。。。」って照れて言うと

「しょうがないなああ。。。」とくしゃってした笑顔で照れた!!!

「なんで薮にだけタメ口ーーー??」と光ちゃん。。。

「晴はな、俺になついてるんだよ(笑)」と薮さまww

「じゃあさ、血の繋がってる俺はどおなんの??」と裕翔。。。

「え??どうゆうこと??」と圭人くん。。。

「晴と俺は兄妹なんだよ。。。」
「お兄ちゃん。。。」

「まじで!!??」と龍ちゃん。。。

「裕翔、なんで言ってくれなかったの!!」と有ちゃん。

「言えないよ。。。俺、晴のこと大切に思ってるし。。。こんな可愛い奴を紹介したら、みんな好きになっちゃうじゃん。。。もお、すでに2人晴のこと好きになってるし。。。」

「え・・・??」
「山ちゃん、薮くん!!変な目で晴を見ないでよおお!!」

「「み、見てないし///」」

「ああ、見てたんだああ??」と高木くん。

「見てないからあああ///」と涼介。

「そおだよ///」と薮さま。

でも、二人とも照れてる。。。

「バレバレなんだけど??まあ、コンサートに誘ってチケット渡したのも俺だし、しょうがないか。。。」とお兄ちゃん!!

「裕翔。マジ感謝!!!」と涼介

「裕翔、ありがとおお。。。」と薮さま。

「はあああ。。。じゃあ、晴、一緒に帰ろう??」とお兄ちゃん。
「うん。。。」

「薮くん、晴降ろして??」

「あ、うん。。。」と薮さま。

「じゃあ、帰ろ??」

「バイバイ!!!」とあたしが言うとみんなが

「また逢おうねえええ。。。」と言ってくれた。。。

その夜。。。
涼介にメールを送った。

「どうも、桜木 晴です。今日はありがとうございました。またお会いできたらいいですね!!」

すぐに返信が返ってきた。

「よかったあ。。。メール来ないかと思ってた。ありがと

まさか裕翔の妹だとは思わなかったよ!!

また逢いたいねええ。。。

あ、そうだ!!今度の日曜さあ、龍太郎と知念と一緒に買い物行くんだけど
一緒に行かない??

山田 涼介」

今度の日曜。。。

「今度の日曜ですか・・・。ちょうど、あたしの誕生日と重なってて

お兄ちゃんと一緒に買い物に行かなきゃいけなくて。。。

桜木 晴」

「ほんと??誕生日なの??

なおさら一緒に行きたくなるんだけど!!

じゃあ、裕翔も一緒に買い物しない??

ダメだったらしょうがないけど。。。

山田 涼介」

「あ、お兄ちゃんも一緒でいいならOKですよ!!

場所はどこですか??何時集合なんですか??

桜木 晴」

「やったああ。。。ありがとおお!!

場所は〇〇駅で10時集合だよ!!!

てか、タメ口でいいからあああ。。。

山田 涼介」

「あ、タメ口ですね。。。

分かった!!お兄ちゃんに言っとくねええ!!

じゃあ、お休みなさい。。。

桜木 晴」

「おやすみ、晴。。。

山田 涼介」

ってとこまでできたあああ。。。

まだ続きそうですよね。。。

んーーー。いっぱいレポしたいのもあるけど
妄想終わってからにしようかな??

じゃあ、バイバイ!!!

続きコメ返
王子へ




続きを読む >>
| 妄想 | 12:37 | comments(7) | trackbacks(0) |
妄想&嵐
んーーーーと、rinですよおお ←当たり前

妄想やめんわああ、みんながやってほしいみたいだしねええ///
Mihoちゃま、あいみ、たむ
ありがとうなあああ

みんな、大好きだよお

なんか、疲れたよおおお
明日、体育祭の予行だってよ!しかも本番、明後日だし!
たまには、休ませてほしいのになああ
でも、頑張るきいーーーー応援してねええ

妄想書くねええ(笑)
しかも、この前の龍ちゃんの続きやねん

いきなりいきまあああす。
龍がhey!say!jumpとして活動しているのを知ったあたしは、
ファンクラブに入った。そして、コンサートのチケットを手に入れた。
会場には龍のうちわを持った人がいた。もう、ここには、あたしの知ってる龍はいないんじゃないかって思ってしまう。まだ、hey!say!jumpをよく知らないあたしは場違いのような気がした。
そして、コンサートが始まる。すごく楽しかった。みんながそれぞれ個性があって仲のいいグループだと思った。でも、あたしは龍しか観てなかった。あたしに接してくれた龍とは違って、一言で言うなら、「クール」。あたしに見せてくれた笑顔や、子どもっぽいところなんて、全然なくて大人っぽい龍を見ていると恥ずかしくなった。
そして、「龍太郎が作詞した曲があるんですが、聴きたいですよねええ?」と薮くんが言った。
「聴きたいいいいい!」とファンの子が言うと、薮くんが笑顔を見せて「it show time!!」と言うと、龍がバーン!と出てきた。
そして、「『愛』という曲です。聴いてください……。」
『本当は大好きだった。でも言えないlove word。君は悲しい顔で笑ってた。僕にはそう見えた。本当は僕、笑っていたかった。でも、難しいね…。あのとき、嘘だよなんて言っていれば君は今でも僕のそばで笑ってくれた?素直になれなくてごめん…。

出会いは突然。でも、運命だと信じた。別れは必然?君を抱きしめていたかった。本当に君は僕の太陽だった。本当はそばにいてほしかった。悲しいlove song。今でも愛してるよ……。君が今誰かを愛しているのなら、それが僕であれと願う。届かない想いにリボンをかけて君の所に飛ばすよ……。

君のことが大好きだよ…。』
曲が終わった。あたしは、ずっと泣いてた。龍の本音。ちゃんと聴きたかったよ。あたしの目をみて照れながら言ってほしかったよ……。
「お前……、俺が好きなんだろ?来いよ!」と龍が言ってあたしのところまで走ってきて、あたしの腕を引っ張って、あたしはステージに。「俺こいつと幸せになるから♪」と言ってキスをしてくれました。マネージャーさんも笑顔でうなずき「龍太郎、それでこそ男だ!!」なんていうから、龍は照れてたけど、あたしこれから、龍と幸せになります!!

なんて妄想しちゃいましたあああ
龍ちゃん、かっこいいいいいい



それで、嵐のコンのことなんですけど、やっぱり、ダメみたいで・・・。
ヲ友のママがダメだって。。。
だから、嵐コンいけないんですよおおお

rinのお誕生日公演じゃなくていいんです!!
チケットもっててrinと行ってくれる人を探してます!!
チケット余ってるよおおお!!一緒に行く?って人を探しています!!
生意気でごめんなさい
本気のお願いです!!!!!!
| 妄想 | 22:10 | comments(5) | trackbacks(0) |
妄想 〜薮くん、大ちゃん、伊野ちゃん〜
JUGEMテーマ:HeySayJUMP
龍ちゃんが終わってあと3人だああ

龍ちゃんの長かったでしょ
読んでくれてありがとおおお

次は、薮くん
設定はデートです!

「なあ、あの子可愛くない?」と宏太が言うから「せっかくのデートなのに、他の子なんて見ないでよ……。」と言うあたし。「せっかく、いい言葉言おうとしてたのに!!お前は、みんなに可愛いなんて思われなくっていい。俺だけの一番でいてほしいなんて言おうとしてたのに!」って下向いて言うから。「え……?あたし見て言って?」「ダメ。恥ずかしいから///」って照れてる宏太が可愛かった。
「宏太……。」って言うと、「……そんな可愛い顔誰にも見せちゃダメだよ?」……CHU不意打ちのキスでした。

次は大ちゃん!!
設定は、、、コンサート中かなあああ
「大ちゃんカッコイイ!!」ってコンサート中に、大ちゃんに叫んだ。「ありがとう」と口パクで言ってくれて、テンション
そして、コンサートが終わり、帰ろうとしたとき、「待って!!」と声が!振り向くと大ちゃん。「……あの、一目ぼれしました。……よかったら、俺のサインボールとメアド受け取ってくれませんか?」と言ってくれて「はい。」と受け取って、「ありがとう!!また、コンサート来てね!次は、俺の彼女として///」と言って去って行きました。

最後伊野ちゃん
設定はデート。
デート中に寄ったカフェに大きな白いピアノがあって、慧が「これ弾いていいですか?」と言って、OKもらって弾いてくれます。思わず、みんなが「かっこいい……」と言います。それを聞いた慧はニコッとエンジェルスマイル…「きゃああああ」ってみんなが言って、慧にいっぱい人が集まってくるの。それを見てて、あたし寂しくなって、帰ろうとするの。そしたら、「待って!!なんで帰ろうとするの!!??」
そしてみんなにむかって「ごめん、みんな。俺この人のもんだから!」って……。
「ねっ?ちょっと優越感でしょ?」ってわらいかけてくれました。

終わり

本当に長かった。。。でも楽しかったなあああ。
jumpさんメンバーはこれで終わりだけど、何かリクエストあったらコメしてください
嵐でもnewsでもKAT-TUNでも関ジャニ∞でもjr.でも誰でも
いーのOKですからああ

つづきは、菜月へコメ返だよ!
続きを読む >>
| 妄想 | 14:45 | comments(3) | trackbacks(0) |
待望の妄想!!
 
妄想やっちゃいますねええええ

jumpさんメンバーで残ってるのが
龍ちゃん・伊野ちゃん・大ちゃん・薮くん

先に、この4人からしなきゃいけないけど、
伊野ちゃんは難しいいいい


まあ、やってやるわああああ

まず、龍ちゃんから。
ちょっと、小説みたいなかんじなんで、長いよおおみんながんばって読んでくださいね

出会ったのは、駅のホーム。あたしの横に男の子がいて、それが龍だったね。あたしが、家に忘れ物したのに気がついて、急いで家に帰ろうとした。ポケットに、入ってるケータイを落としたのも気がついかずに。龍に呼びとめられて初めて、ケータイを落としたのに気づいたの。「ちょっと!!ケータイ落としましたよ!!」を言いながら、龍は走って来てくれたね。「え!!あ、ごめんなさい!!」と言って、ケータイを受け取った。そしたら、龍が乗るはずの電車が出発しちゃって、「え、まじかあああ。ちょっと、お前のせいだからね!!」という龍にあたしもキレて「じゃあ、ケータイ拾わなきゃよかったじゃん!!」そう言ったら「はああ?お前、拾ってくれた相手に対してそれはねぇだろ!!!まず、お礼ぐらい言えよなああ。」とか、何とか言うから一応「……ありがとう。」って言うと龍が頬を赤くして、「じゃ、じゃあ、お詫びにメアド教えろ!!」って言ってくれてメアド交換して毎日メールをするようになったね。礼儀知らずで口が悪くて絵文字なんてほとんど使わないし、でも優しいところもあって龍とのメールが楽しかった。たびたび会うこともあって、いつの間にか、龍を好きになってたよ。龍も同じ気持ちだったんだね。あの、龍が告白してくれるなんて思わなかったよ?でも嬉しかった。それから、付き合いだすようになって、ほんとに楽しかった。素直じゃない龍とケンカすることもあったけど、どうしようもないくらい龍が大好きだった。「龍が世界一カッコイイよ。」って言うと「アホかお前!!何言ってんの!?」って言ってそのあとに小さい声で「でも、俺はお前以外の女なんて考えらんないけどな。」って龍が言うもんだから、びっくりしたし、同時に顔が赤くなったよ。
それから、何カ月か経って龍から「話があるから○○公園に来て。」ってメール。何だろう?悪い予感何かしなくて、ウキウキして、龍のところに行った。
「龍!!話って何?」「なんで、そんなに嬉しそうなんだよ!!アホか!」って笑う龍が可愛かったよ。
それから、すこし公園で遊んだ。龍は本当に大人ぶってるけど公園で遊ぶと幼稚園の子どもみたいだったよ。「なあ?」「ん?」
「俺達さ、………別れよう。」
一瞬何を言われたかわかんなくてでも、龍の顔みたら、ああ、別れようって言われたんだ。なんて思って、
「どうして?」「お前より好きな子ができてさ。可愛いんだよ、その子。お前より、怒んないしさ。」
他の女の子の話、しないで!!そう思ったあたしは、訳も分からず、
「分かった。別れてあげる!!」
なんでこういう時に素直になれないんだろ?
で、結局別れちゃった。そしたら、ニュースでhey!say!jumpがサマリーを開くって言ってて。見たら、龍が居て、初めて龍がジャニーズだってこと知ったんだ。そして、知らない番号から電話があって、その人は龍のマネージャーさんだった。「あなたと龍太郎が別れた原因は私なんです。私があなたと龍太郎の関係を知ってしまって、私が龍太郎にhey!say!jumpか彼女どっちを取る!!って言って、このまま、有名になったらデートすることもできなくなるだろう?って脅してしまって……。龍太郎は今でもあなたが好きですよ……。」
龍……。そんなことがあったなんて、自分で悩んで苦しんで、ずるいよ!!あたしに相談してくれたらあたしデートできなくたって我慢するのに。龍のバカ…。
おばあちゃんになっても龍を好きでいていいですか?なんていったら龍は「何言ってんの!!アホか!!」って言ってくれるかな………?

はああああああ
終わった。てゆーか、龍ちゃんのだけしかできてない
なんか、疲れたし…。

まだまだするんでよろしくね

続きはコメ返
あや・シアへ
続きを読む >>
| 妄想 | 12:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
妄想
JUGEMテーマ:HeySayJUMP
イエーーーーーイ

はい、暇なのでテンションあげてみました

昨日の妄想どうでしたか

裕翔くんと、ちぃと、涼介のだけだったんで、他のメンバーもしようかなあ

圭人&光ちゃんペアいきまあああああす
なぜかペアなんだよねえええええ

設定はコンサートの前の日。
圭人&光ちゃんから、メールが!!!!!
「明日のコンサートで、ギターするんだけど。ちゃんと聴いとけよ?お前のために弾くんだから♪ ずっとお前だけ見てるから。 圭人」
「やっほ!!!光です♪明日コンサートくるんだよな?じゃあ、サインボールを渡しにお前の座ってるトコ行くから♪俺だけを見ててよね……。  光」
なんてメールきたらヤブいいいいい

次、ゆーやん
設定は、デート。
ゆーやんを待ってると、ゆーやん登場!!私服は、ジーパンに、ロゴTで茶色のパーカ。もちろん萌えソデ
あたしはイケメン好きだから、町で見かけた人に「あっ、あの人、イケメン」とか言ってるの。そしたら、「なんでデートなのに俺を見てくんないの?」と拗ねるんだなあ。雄也きゃわいいいいいんだからそんで、「雄也ごめんね?…もう、雄也しか見ないから!!!!」と言うと「……ほんと?」であたし頷く。
「じゃあ、CHUして?」と雄也のおねだりーーーーーーー////
このあと、CHUしましたよ
妄想ですが・・・・・

どうですか?楽しんでもらえたでしょうか?
続きはコメ返だよおおおおお
続きを読む >>
| 妄想 | 12:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>